医療制度を上手に利用してみよう

インプラントには高額な必要がかかるため、治療を受けたいと思っても、コスト的になかなか踏み切れない……という人も多いかと思います。インプラントは基本的に保険の適用外となりますが、医療控除は受けられるので、コスト的に懸念のある人は、そのあたりの制度を上手に利用してコストダウンをはかるというのも、一つの方法ではないかと思います。

今現在、入れ歯やブリッジを使用していて不便を感じており、インプラントでその不便を改善したいのに、コストの問題でそれが叶えられない……というのは、なんとも残念な話ですよね。そういう状況を改善するのに、医療控除の制度は大いに役に立つのではないかと思います。制度について良く分からないという人は、インターネットなどを使って検索してみると良いでしょう。

また、検索をかけてみたけれど、やっぱり良く分からない……という人は、歯科クリニックのスタッフに相談してみるのも良いと思います。ちゃんとした歯科クリニックであれば、医療控除の制度について知識を持ったスタッフが必ず常駐しているはずです。コストのことを相談するのはちょっと恥ずかしい……という思いのある人もいらっしゃるかもしれませんが、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉もあるように、聞かないことによるデメリットを考えれば、一時の恥と割り切って相談をしてみる方がずっと良いと思います。

コスト面での不安が晴れれば、心おきなくインプラントを受けることも可能でしょう。インプラントで口腔内にまつわる様々な不便から解放されれば、これまで以上に人生を楽しむことができるのではないかと、そんな風に思います。

費用がかかるからこそ

歯周病や虫歯、また事故やケガなどによって、自分の歯を失ってしまった場合には、代わりとなる歯を入れる治療が必要です。
これまでは、入れ歯やブリッジなどが主流でしたが、最近はインプラント治療を受ける人も増えています。

インプラント治療は、自分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を取り付けます。
骨に人工歯根を埋め込むので、グラついたり外れたりすることもなく、固いものも難なく噛むことができます。
また、金具なども必要ないので見た目にも違和感がなく、まるで自分の歯のような自然な見栄えを期待できます。

このようにメリットの多いインプラント治療ですが、インプラント治療には費用がかかるというデメリットもあります。
インプラント治療には、審美的な意味合いも含まれるため、保険適用外なのです。
保険適用外でインプラントの手術を受けるということは、それなりの費用が必要になりますよね。
保険適用外となるインプラント治療。
費用がかかるからと、敬遠してしまっている人も、多いのではないでしょうか。

でも、費用がかかるからこそのメリットもたくさんあります。
入れ歯の使い心地にどうしてもなじめずに、インプラント治療に踏み切ったという人も、たくさんいます。
毎日の食べることのみならず、会話や全身の健康までにも影響を及ぼす歯ですから、広い意味で考えれば費用が高いとも言い切れません。
まずは納得いくまで、歯科クリニックで説明を聞いてみては、いかがでしょうか。

最近の歯科クリニックでは、インプラントのための合同説明会などを無料で行っているようなところもあります。
これらの説明会を利用して、インプラントのどんな点が優れているのかを知れば、費用面でも納得できますね。
ただただ金銭面だけを重視して、良く知る前に避けてしまうことは、もったいないかもしれません。
まずは、自分に適した治療かどうか、インプラントのことを知ってみましょう。

まずはカウンセリングを受けてみる

インプラントを受けようか否か迷っている人は、
まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

インプラントを行っている歯科クリニックでは、
実際にインプラントの手術を行う前に、
患者に対してカウンセリングの時間をもうけているケースが多いようです。

インプラントは普通の虫歯の治療などとは異なり、一応「手術」が必要な治療方法のため、
事前のカウンセリングは欠かすことができない……と考える歯科医師が多いのかもしれませんね。

カウンセリングを受けたからといって、必ずしもインプラントの手術を受ける必要はなく、
カウンセリングを受けてインプラントの治療内容を理解した上で、
やはりインプラントはやめておこう、
と考え方を変える人も中にはいるので、気軽な気持ちで臨んでみていただければと思います。

インプラントについては、インターネットなどでもある程度調べることはできますが、
やはり詳しいことは、
歯科医師や歯科クリニックのスタッフに直接聞いてみるのが一番だと思います。

カウンセリングでは、歯科医師からの説明だけではなく、
患者側からも質問を行うことができるので、そういった時間を利用して、
疑問点や不安点などを医師に尋ねてみれば、安心できるのではないでしょうか。

インプラントは、まだ一般に普及して日の浅い治療方法ではありますが、
安全性はしっかりと確立されていますし、
インプラントを行うことで、歯を失う前の生活クオリティを取り戻すことができた!
という人も少なくはありません。

インプラントはとても優れた治療方法の一つであるとわたしは思います。
興味のある人は、ぜひカウンセリングを受けてみてください。

自分の歯並びに合った歯磨きを

年齢を重ねるごとに、虫歯がひどくなったり、
歯周病にかかったりして、抜歯せざるをえなくなる人は多いと思います。

自分の歯をなくしてしまったら、入れ歯やインプラントなどの代わりの歯を入れる必要があります。
快適な食生活と全身の健康のためにも、できればいつまでも自分の歯を保つようにしたいものですね。
健康な歯を保つための基本は、やはり毎日の歯磨きです。

ただ、歯磨きさえすればいいというものではありません。
正しい歯磨きをして、歯にプラーク(歯垢)を残さないようにすることが大切です。

どんなに毎食後、長時間かけて歯磨きをしても、肝心の汚れを取り除けていないような磨き方では、意味がありません。
誰もがお手本のように歯並びがいいとは限りません。

歯が入り組んでいたり、重なっている部分には、歯垢が溜まりやすく、除去しにくいものです。
正しい歯磨きのためには、まずは自分の歯並びをよくチェックしましょう。

健康な歯をキープするためには、まずは正しい歯磨きで、歯垢をきちんと落とすことを心がけましょう。
歯が重なっている部分や、歯並びが悪い部分には、歯垢がたまりやすいものです。

しかも、ただ同じ方向から歯ブラシをあてるだけでは、
隠れた部分の歯垢を落とすことができません。

歯並びが悪い部分には、いろいろな方向から歯ブラシをあてて、
できるだけすべての部分の歯垢を落とすように気を配りましょう。

また、歯と歯の間に入り込んだ小さな食べかすは、歯ブラシだけでは取り除きにくいものです。
歯ブラシと併せてデンタルフロスなども使って、歯と歯の間の汚れも除去しましょう。

更に、定期的に歯医者に通って歯石除去や口の中のチェックをしてもらうことも大切です。
最近は、インプラントのような優れた治療法も進んできていますが、
できれば自分の歯を多く残すことを目標にして、毎日の歯磨きを丁寧にするようにしたいですね。

インプラントって高級なもの?

インプラント――。普通の歯科治療では、
あまり聞かれない名前、ですよね。歯科クリニックの壁に貼ってあるポスターでその名前を知っていても、
実際にどんな治療方法なのか、
詳しくは知らない……という人も多いのではないでしょうか。

また、インプラントというと、「高級な治療方法」というイメージを持たれている方も多いと思います。
身のまわりで「あの人、インプラントを受けたんだって」という噂話を聞くと、
「へえ~お金持ちなんだ」という感想をいだく人は少なくありません。

たしかに、インプラントの治療は保険適応ではないので、
一本につき40万円ほどの治療費用がかかるケースも珍しくはありません。
40万円と聞くと、たいていの人は
「高い!」「やっぱりインプラントは高級なものだ」と思うことでしょう。

ですが、インプラントには、
40万円を支払っても余りあるだけの価値が存在するとわたしは考えています。

たとえば、入れ歯の場合は、日々のメンテナンスが面倒ですし、
なにかの拍子に外れてしまう懸念もあります。

旅先でもメンテナンスを欠かすことができないので、
同行者に遠慮をして、なかなか自由に身動きができない……という人も多いことでしょう。

また、ブリッジの場合は、左右の健康な歯まで削らなければならない、
というデメリットがあります。歯を削るということは、
多少なりともその歯にダメージを与える、ということです。
健康な歯にダメージを与えるのは、やはり避けたいですよね。

その点、インプラントは上記のような懸念点がないので、
安心して治療を受けることが可能です。高級な分だけメリットも多いというのがインプラントの特色です。

対応の親切なクリニックを選びましょう

最近の歯科クリニックは、どこも対応の親切なものですが、
ときには患者側の質問にあまり答えてくれなかったり、
勝手にどんどん治療を進めていってしまうようなクリニックも存在します。
そうしたクリニックでインプラントの治療を受けることは、
患者側がストレスをためる結果にもつながりかねないので、
避けた方が賢明なのではないかなあとわたしは思います。

インプラントの治療というのは、普通の歯科治療に比べて時間もコストもかかります。
また、歯科治療といっても、一応手術の伴う治療方法なので、満足のいく治療を受けるためには、
医師やスタッフとの充分な意思疎通が必要不可欠です。

患者側の立場に立ち、こうした意思疎通を面倒くさがらずに行ってくれるような歯科クリニックを探して、
治療を受けるべきだと思います。

対応の親切なクリニックを選ぶためには、自分の足で訪れてみるのはもちろんのこと、
周囲の人からの評判を聞いてみるのも有効な手段です。

地域ごとに、評判の良い歯科医院、評判の悪い歯科医院というのは必ず存在するものです。
周りの人や地元民からの口コミ情報を集めて、
みなが「良いクリニックだよ~」と評するような歯科クリニックを選ぶようにすれば、
ハズレクジを引くリスクをずいぶん減らせるのではないでしょうか。

こうして書くと「なんだか面倒くさそうだなあ」と思われるかもしれませんが、
これも満足のいくインプラント治療を受けるためだと割り切って、
ぜひとも質の高い歯科医院探しを心がけてみてください。
下準備をしっかりとしておけば、必ずや良いインプラント治療を受けることができるでしょう。

治療より予防を

虫歯が悪化したり、歯周病にかかったりすることで、
自分の歯を失うことは、誰にでもありうることです。

『たかが歯』と、虫歯を放置したりしていると、年齢を重ねてから後悔することも多々あります。
自分の歯を失ってしまうと、食事の不便だけではなく、
身体の健康や見た目にも、様々な影響が出てくるため、
少しでも早く治療を受けて代わりの歯を入れる必要があります。

歯が抜けてしまった後に代わりの歯を入れる場合、入れ歯やブリッジなどの治療方法があります。
更に最近では、インプラント治療という新しい治療方法もあって、
質のいい人工歯を入れることができるようになりました。

これらの優れた治療方法があるとは言っても、
やはり治療をするような事態になる前に、きちんと予防をすることが大切です。
毎日の正しいデンタルケアを心がけて、後悔しないようにしましょう。

虫歯にならないように、毎日のデンタルケアをていねいに行うようにしましょう。
まず、毎食後の歯磨き、これはデンタルフロスや歯間ブラシなども併用して、
歯垢を残さないようにします。

物を食べた後に、キシリトールガムを噛むことも有効です。
また、唾液には、口の中が中和して歯を健康な状態に保つ力があるので、
食事をする時には良く噛んで、唾液がたくさん出るようにしましょう。

緑茶にはフッ素が含まれていて、殺菌作用のあるカテキンを多く含むため、
食後に緑茶を飲むようにすると、虫歯の予防に役立ちます。

定期的に歯医者でチェックをしてもらい、歯石などを除去してもらいましょう。
こまめに歯医者に通うことで、虫歯の早期発見にも役立ち、
デンタルケアへの意識も高まるので、
治療のためではなく予防のために、歯医者に通うことをおすすめします。

きちんとした予防を心がけて、年を取っても自分の歯を残せるようにしたいですね。

食べる喜びは生きる喜び

わたしたちは普段なにげなく、食べたいものを食べ、
飲みたいものを飲んで生活をしています。

ごく当たり前の生活ができている内は、
それがどれほど尊いものなのか、なかなか気づけないものです。

しかし、ひとたび歯を失うなどして、
「食べたいものが食べられない、飲みたいものが飲めない」生活になってしまうと、
好きなものを食べ、好きなものを飲むということが、
人生においてどれだけ大切なことなのかを思い知らされます。

歯を失った場合は、入れ歯やブリッジなどで治療を行うのが一般的ですが、
入れ歯やブリッジは、硬いものを噛むと外れてしまいやすいなど、
使用時にさまざまな制約が発生しがちです。

もし、そうしたストレスを解消したいと思うのであれば、
インプラントを受けられることをわたしはおすすめします。

インプラントの良いところは、一度装着したら、そう滅多なことでは外れないという点です。
つまり、インプラントであれば、多少硬いものを噛んだところで、
歯が外れてしまう心配はないのです。

タコやイカ、おせんべいなど、硬めのものが好物の人にとって、これほど嬉しいことはないですよね。
歯を失うことで、同時に失ってしまった食べる喜びを、
インプラントであれば再び取り戻すことができるのです。

インプラントは入れ歯やブリッジに比べてコストもかかりますし、
手術が必要ということで侵襲性も若干高い治療方法ですが、
それでも受けるだけの価値はあるとわたしは考えています。

上記を読んで、少しでもインプラントに興味の湧いた人は、
ぜひともかかりつけの歯科クリニックで、
インプラントについて相談をしてみていただければと思います。

子供のうちから予防を

『80歳を過ぎても自分の歯を20本残そう』という『8020運動』というものがあります。
年を重ねるにしたがって、歯も様々なトラブルに見舞われるものです。

虫歯が悪化したり、歯周病になったりして、
自分の歯を抜かなければならないということも、多くあります。
歯を失うことで命に直接の関わりはないものの、
毎日の食事に必要不可欠な歯ですから、やはり失ってしまうと様々な影響が出てくるものです。

歯を失って、固いものが食べられなくなったりすると、
栄養が偏って体調不良を引き起こす原因になったり、
発音をしにくくなったりという問題も出てきてしまいます。

様々な事情で自分の歯を失った時には、これらの不具合を解消するために、
入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療で、代わりの歯を取り付ける治療を受けることになります。

そんなことにならずに、自分の歯をいつまでも保つためには、子供のうちからの予防が大切なのです。

虫歯が悪化したり歯周病になって自分の歯を失ってしまった場合、
代わりの歯を取り付けることが必要になってきます。
最近では、入れ歯などよりも装着感がしっかりとしていて、
自分の歯のように見た目も美しいと評判のインプラントも、注目を集めています。

とは言っても、やはりできるだけ自分の歯を保ち続けたいものですよね。
そのためにも、子どものうちからきちんとデンタルケアをして、虫歯の予防をすることが大切です。
もし、今更自分が…という人でも、子どもがいる場合は、子供のデンタルケアをきちんとしてあげるようにしましょう。

歯ブラシを使って毎食後歯磨きをすることを習慣にしましょう。
最近は小学校でも、給食後の歯磨きをさせるところが増えています。

また、小さい時だけではなく、
9歳までは親が仕上げ磨きをしてあげたほうがいいという意見もあります。
年をとってから後悔させないために、
子供の歯磨きには気を配ってあげるようにしたいですね。

インプラントはお金持ちだけのものなの?

インプラントというと、
コストのかかる治療方法というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

たしかにインプラントには保険が効かないため、
普通の歯科治療に比べると、コストはかかってしまいます。

ですが、インプラントは決して、お金持ちだけのものではありません。
わたしたち庶民にも、インプラントを受ける権利はあるのです。

コスト面で不安のある人は、インプラントの治療を受ける前に、
その旨を担当の歯科医師やスタッフに話してみると良いでしょう。

ローンを組んだり、医療費控除の制度を活用したりと、治療費を工面する方法はいくらでもあるはずです。

金銭的な理由だけでインプラントを諦めてしまうのはとても残念なことです。
諦める前にまずは相談……これを心がけていただければ幸いです。

インプラントは高いけどそれだけの価値がある!?

インプラントは先にも書いたようにコストのかかる治療方法ですが、
わたしは、インプラントにはコストをかけるだけの価値があると思っています。

もちろん、欠損した歯を補填する方法はインプラントだけではありません。
ブリッジや入れ歯といった、昔ながらの方法も存在します。
そういった方法の方が、コストという面では、負担が軽く済むのも事実です。

ですが、ブリッジや入れ歯では得られない「フィット感」を、インプラントでは得ることができます。
ものを美味しく食べたり、大きく口を開けて笑ったり、スポーツをしたり、旅行に出かけたり……。

そういった人生の楽しみを120%満喫するためには、このフィット感が欠かせません。
そういった意味で、わたしは多少コストをかけても、
インプラントを行う価値はある、とそのように感じているのです。

次のページ »