諸外国

女性の男性化現象とノコギリヤシの異常摂取

ホルモンバランスは非常に大切です。
これが保たれている故に、男性は男性らしく、女性は女性らしくあることができます。

女性でも男性ホルモンが大量に分泌されるのであれば、それが体に現れることもあります。
実際に副腎や卵巣では、男性ホルモンが生成されています。

男性と比較すればその量は当然比べ物にはなりません。
せいぜい10%ほどです。
しかし、生成されていることにはかわりないので、病気にかかると、女性でもヒゲが濃くなってきたり、胸が小さくなってきたりという症状は確認されているのです。

ですから、ホルモンバランスを保つというのは非常に大切なことであると言えます。
治療の場合は、しっかりと医師の管理の元にホルモン注射が行われるわけですが、普段の食べ物で医薬品ではなく、ホルモンバランスをコントロールできるものがあります。

それが、前立腺肥大や薄毛の解決によいとされているノコギリヤシです。
ノコギリヤシは男性特有の病気に力を発揮しますが、それはホルモンをコントロールすることによって行われます。

ですから、ノコギリヤシを異常摂取した時は、もしかしたらホルモンの分泌を狂わせてしまうことがあるかもしれません。
そういった場合は、摂取量を減らすか絶つことが大切です。

このページの先頭へ